FC2ブログ
Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

死刑執行 信者殺害 祈祷師 江藤幸子死刑囚と男女2人強盗殺人 松田幸則死刑囚 

etosatiko.jpg 法務省は27日、死刑を執行した確定死刑囚2人は江藤幸子死刑囚(65)=仙台拘置支所=と、松田幸則死刑囚(39)=福岡拘置所=で、同日午前に執行したと明らかにした。

確定判決などによると、祈祷師だった江藤死刑囚は平成6年12月~7年6月、福島県須賀川市で、共同生活していた信者を、除霊と称して太鼓のばちで殴るなどし、4人を殺害、2人を死亡に至らせ、1人に重傷を負わせた。1審福島地裁は「教えを妄信していることに乗じ暴行した」として死刑を選択。仙台高裁、最高裁も1審判断を支持した。  松田死刑囚は15年10月、熊本県宇城市(旧松橋町)で、木下啓子さん=当時(54)=方に押し入り、木下さんと、同居していた三浦隆雄さん=同(54)=の胸を包丁で刺して殺害、現金約8万円と腕時計などを奪った。被告側は金品目的の殺害ではないと主張したが、1審熊本地裁は強盗殺人罪の成立を認め、死刑を言い渡し、2審福岡高裁も支持。その後、上告を取り下げて死刑が確定していた。  民主党政権下での死刑は、千葉景子法相時代の22年7月以降、今年3月の小川敏夫法相時代まで1年8カ月間執行がなく、昨年は19年ぶりの「未執行年」となっていた。

2012/09/27 16:42 | 話題のニュースCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。